スイング練習

01現存する唯一のリアルタイムスイング追跡技術

ゴルファーのスイングをリアルタイムに追跡・分析することは、正確度において極めて重要です。

アドレスの後、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースイングといった流れに沿ってスイング全体を分析することが大事です。

(SMARTGOLFのリアルタイムAPPトラッキングの表示)

長さの短いスイング練習機でスイングをすると、実際にボールを打つインパクトがないので、ボールに当たったかどうか、また、当たった場合はどこに当たったのかが分かりません。

(SMARTGOLF使用時、インパクトが間違ったスイングを表示)

間違ったスイングをしたら、スイングが間違っていると教え、正確なインパクトができるようにサポートするクラブこそが、真のスイング練習道具と言えます。

(リアルタイムスイングデータ分析、3Dスイング軌道分析、人工知能コーチングの例)

02 実際のクラブの長さでスイング練習

ゴルフの実力を向上させるために、スイング練習をどこでもしたいゴルファーの努力は、短い長さの道具でスイングすることにつながります。

実際のクラブの長さが違うと筋肉が違うように作用するでしょう。 まして110cmクラブの感じを60cmで出すことができません。 大人が60cm短い長さの棒でスイングすると、スイングフォームが壊れやすいです。 精巧で科学的に考案された特許取得SMARTGOLFでスイング練習をしてください。