スイングを練習する時、ボールに当てることに成功したとしても、ボールをもっと遠くまで正確に飛ばさなければならないのは、ゴルファーたちの課題です。スイングを改善するためには、スイングフェーズ全体を理解する必要があります。

(3Dスイング軌道で自分のバックスイングとダウンスイングの様々な角度の違いを確認)

SMARTGOLFでバックスイングとダウンスイング時のスイング角度の違いを3D空間上で確認することで、インパクト時のクラブの軌道を理解し、自分でスイングを修正することができます。

ユーザーのスイングをリアルタイムで追跡して獲得した情報は、スイング分析パネルで様々な側面から分析されます。

(SMARTGOLF AIXのスイング分析パネル)

(分析パネルの意味)

このうち、TrackMan®のような高価なシミュレーター機器が提供する情報に加え、SMARTGOLFでのみご利用いただける重要なスイング情報があります。

(SMARTGOLF AIXの簡単スイング分析パネル)

例えば、スピードの場合、クラブヘッドのスピードを表示するだけでなく、スイング区間における最高速度がインパクトの前に発生したか、後に発生したか、あるいはちょうどインパクト時に発生したかを知ることは、自分のスイングの問題点を見つけるための便利な方法です。

(自分の最高速度がインパクトの前・後のどこで発生しているかを理解)

また、SMARTGOLFでのみご利用いただけるアングルギャップ(Angle Gap)は、アドレス時とインパクト時のシャフト角度の違いを教えてくれます。

(短いクラブで練習する時もインパクトが分かるSMARTGOLFのアングルギャップ)

短い長さの練習用スイング道具は、室内でのスイングに適した長さですが、実際のゴルフクラブの長さとは異なっており、ボールのインパクトがないため、正確に振りにくいという副作用があります。初心者はうまくスイングしようとしても、ボールに当たるスイングをしているかどうか分かりません。適当な振り回しを何度も繰り返すと筋肉がその動作を覚えるようになり、スイングフォームが崩れてしまう恐れがあります。

(短い練習用クラブの短所を補った30㎝のリーダーストラップを装着した様子)

SMARTGOLFは、2015年から韓国・海外のツアープロ、レッスンプロ、アマチュアゴルファーが参加した1万回以上の試験、分析、チューニング、評価によって作られており、2021年にはモバイルゴルフでは初めて韓国の公認認証機関よりスイング分析が95%、ボール軌道パターンが100%一致するという実証評価を獲得しました。

プロゴルファーが試験に参加した厳格な実験環境をもとに、約2,000万ウォン相当のTRACKMANのスイング分析とIMUセンサーを利用した SMARTGOLF AIXのスイング分析を比較した結果、95%が一致していたほど、AIXのスイング分析能力は優れています。

多くのゴルファーは、このようなスイング分析ツールに初めて接するため、必須のスイング情報を提供してもそのデータを解析することに困難を覚えます。初心者の場合、スイング軌道、ペース、クラブスピードなどにおいて複数の問題点を抱えていることが多いため、そのうち最も大きな問題となるパラメータを代表として表示します。

(2022年 SMARTGOLF AIX スイング後の代表的な問題点を表示)